JaSST'22 Niigata-開催要項

JaSST
JaSST'22 Niigata

JaSST'22 Niigata 開催要項

JaSST'22 Niigata 参加のお誘い

QA(テストや品質に責任を持つロール)は、テストプロセスに限らず、ソフトウェア開発ライフサイクル(企画、設計、テスト、運用・監視)のすべてに携わることが必要になっています。

その背景には、「Agile testing」「Shift left(right) testing」「DevOps」のキーワードが活発になっていることが、それを示唆するのではないでしょうか。

ソフトウェア開発ライフサイクルには「運用・監視」があり、問題が発生時に迅速に、対応できるようにするデータ収集を目的にしています。

それに対して、「可観測性・Observability」では、問題の検知だけではなく、「なぜ問題が起きた→原因はなにか→改善のアクション」まで行います。

改善のアクションがソフトウェアに対して行われた場合には、当然、ソフトウェアには変更が入り、テストが必要です。

本JaSST'22 Niigataでは、第一歩として、運用、監視、可観測性を知っていただき、QAとして、それに対してどのようなテスト活動が必要なのか?を発見するきっかけになれば幸いです。

多くの皆様のご参加を実行委員一同、心よりお待ちしています。

JaSST'22 Niigata 実行委員長 渡邊 大輔

JaSST'22 Niigata 開催要項

名称 JaSST'22 Niigata
ソフトウェアテストシンポジウム 2022 新潟
「可観測性・Observability」
日程 2022年7月8日(金)  11:30~ 受付開始
 12:15~17:15 シンポジウム
場所
  • オンサイト開催+オンライン開催

    ※情勢上、オンライン開催のみに変更になることがあります。

    オンサイト会場:NINNO(ニーノ)
(新潟県新潟市中央区笹口 1-2(プラーカ2 2F/新潟駅南口直結))
主催
参加費

シンポジウム(一般) : 3,300円(税込)

学生 : 無料(登録者のみ、社会人学生を除く)

オンライン
開催について
オンライン開催にあたって Discord と Zoom を使用します。
当日の開催前に、事前に送付されたURLにアクセスして動作確認をするための時間を設けますので、ご活用ください。

※後日、Youtube等によるアーカイブ配信はありません。ご了承ください。

※1つのお申込みで視聴できるのは1名となります。複数名での視聴はご遠慮ください。

※アクセス数の上限があるため、1名で複数機器からのアクセスはご遠慮ください。

基調講演 松浦 隼人 氏(オーティファイ)

「オブザーバビリティと監視」

協賛
後援
情報交換会 情報交換会はオンサイト参加者に対して実施予定です。

会場へのアクセス

NINNO(ニーノ)

新潟県新潟市中央区笹口1-2 (プラーカ2 2F/新潟駅南口直結)

JaSST'22 Niigata に関するお問い合わせ

JaSST'22 Niigata に関するお問い合わせやご連絡につきましては下記まで電子メールでお願いいたします。

JaSST'22 Niigata 実行委員会事務局
E-mail: niigata-query@jasst.jp
(お問い合わせは電子メールでお願いいたします)
※本アドレスでお受けできるメールの最大容量は100MBとなっておりますのでご注意ください
スポンサーシップ募集中! NPO ASTER Software Testing

PAGE TOP