JaSST'24 Tokyo

JaSST
JaSST'24 Tokyo
twitter
JaSST'24 Tokyo 開催:2024年3月14日(木)~15日(金) 会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター+オンライン開催

[JaSSTプレミアムスポンサー協賛企業]

AGEST SHIFT テクバン ベリサーブ RIZAPグループ

JaSST'24 Tokyo プラチナスポンサー協賛企業

Autify ハートランド・データ ヒューマンクレスト mabl

ソフトウェアテストシンポジウム 2024 東京
JaSST'24 Tokyo
開催 2024年3月14日(木)~15日(金)

CloseUp

基調講演

「Tangible software quality」

Gojko Adzic 氏

※基調講演はオンラインでの講演となります。

講師プロフィール
写真:Gojko Adzic 氏

Gojko Adzic 氏

Gojko Adzic is a partner at Neuri Consulting LLP. He is one of the 2019 AWS Serverless Heroes, the winner of the 2016 European Software Testing Outstanding Achievement Award, and the 2011 Most Influential Agile Testing Professional Award. Gojko's book Specification by Example won the Jolt Award for the best book of 2012, and his blog won the UK Agile Award for the best online publication in 2010.

Gojko is a frequent speaker at software development conferences and one of the authors of MindMup and Narakeet.

As a consultant, Gojko has helped companies around the world improve their software delivery, from some of the largest financial institutions to small innovative startups. Gojko specialises in agile and lean quality improvement, in particular impact mapping, agile testing, specification by example and behaviour driven development.

Gojko Adzic はNeuri Consulting LLPのパートナーです。彼は2019 年の AWS Serverless Heroes の 1 人であり、2016 年のEuropean Software Testing Outstanding Achievement Award、および2011 年の Most Influential Agile Testing Professional Awardを受賞しています。Gojko 氏の著書『 Specification by Example』は 2012 年の最優秀書籍として Jolt Award を受賞し、彼のブログは 2010 年の最優秀オンライン出版物として UK Agile Award を受賞しました。

Gojko は、ソフトウェア開発カンファレンスで頻繁に講演しており、 またMindMupNarakeetの製作者の 1 人としてもご活躍されております。

Gojko はコンサルタントとして、大手金融機関から小規模な革新的なスタートアップ企業に至るまで、世界中の企業のソフトウェアのデリバリーを支援してきました。Gojko は、アジャイルでリーンな品質改善、特にインパクト マッピング、アジャイル テスト、specification by example、およびBDDを専門としています。

セッションの内容

Quality cannot be tested in, it has to be built in, so ensuring the right quality needs get captured in delivery plans and requirements is one of the biggest challenges for software delivery, since people first started building software till today, and forever.
But defining quality was never an easy task. Different people have different perspectives, needs and expectations, and the job of unifying all that into a single consistent structure is almost impossibly difficult.

Gojko will present several models that can help you with that task, turning software quality from a mysterious topic into something tangible, possible to discuss, capture and manage, and ensure that all the key business values and important perspectives are properly represented and evaluated during delivery.

品質は直接的にテストすることはできません。しかしながら製品に組み込む必要があります。
そのため、適切な品質ニーズを納品計画と要件に反映することは、ソフトウェアの構築が始まってから今日にいたるまで ソフトウェアデリバリーにおける最大の課題の 1 つであり、それはこれからも同じです。

しかし、品質を定義することは決して簡単な作業ではありません。
人によって違うことがある視点、ニーズ、期待、そしてそれらすべてを統合する仕事を単一の一貫した構造にまとめるのは、ほとんど不可能に近いほど困難です。

Gojkoは、品質の定義に役立ついくつかのモデルを紹介します。
ソフトウェア品質を神秘的なトピックから議論し、把握し、管理することが可能な、具体的なものに変えます。
重要なビジネスバリューと重要な視点がすべて適切に表現され、デリバリー中に評価されることを保証します。

招待講演

「自動車のソフトウェア品質に関する現場の試行錯誤」

長尾 洋平 氏(トヨタ自動車)

講師プロフィール
写真:長尾 洋平 氏

長尾 洋平 氏(トヨタ自動車)

2017年 トヨタ自動車に中途入社。システム・ソフトウェアエンジニアリングのスキルセットを軸に、自動運転やソフトウェアファーストなどの社内プロジェクトに携わる。現在はバッテリーEV の量産ソフトウェア開発に奔走中。

セッションの内容

自動車業界では SDV (Software Defined Vehicle) というコンセプトを実現すべく、各社がしのぎを削っています。なぜこのコンセプトが受け入れられているのか、開発現場が何を試行錯誤をしているのか。具体的な事例を交えながら、ソフトウェア品質の観点から課題を紹介します。
自動車は各国でオリジナルの車種が販売されています。このような、地域ごとの自動車が存在する場合のテストの難しさについても触れたいと思います。
本講演が、みなさまの開発活動のヒントになれば幸いです。

特別講演

「ソフトウェアテストをカイゼンするためのいくつかのアイデア」

山口 鉄平 氏(LayerX)

講師プロフィール
写真:山口 鉄平 氏

山口 鉄平 氏(LayerX)

アジャイル開発における品質を得意とするプログラマー、コンサルタント、コーチ、トレーナー。
日立製作所でのソフトウェア開発技術の研究開発、ヤフーやfreeeでのアジャイル開発・自動テストの組織普及および自動テストシステムやテスト環境の開発・運用を経て、現在LayerXにてサービスのテストやQAの立案・実行に加え、事業部全体のテスト戦略の立案、テスト基盤の設計・開発に従事している。また、個人事業主として、自動テストやアジャイル開発に関するコンサルティングを提供している。
Regional Scrum Gathering Tokyoやテスト自動化研究会などの実行委員やソフトウェア品質管理研究会 研究コース4「アジャイルと品質」にも関わっている。
『Fearless Change』(丸善出版、2014)共訳。
『ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア』(翔泳社、2022)翻訳。

セッションの内容

Gojko Adzic氏らによって書かれた書籍「Fifty Quick Ideas To Improve Your Tests」(日本語訳:「ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア」)には、ソフトウェアテストの基本を学び、そのテストに関する活動を改善したい方向けに、数多くの改善のヒントが書かれています。
本講演では、その書籍から、いくつかのアイデアを取り上げ、訳者による解釈と具体的な実現方法や事例を紹介し、ソフトウェアテストの改善のヒントをお伝えします。

参加申込み受付開始のおしらせ

参加お申込みの受付を開始いたしました。みなさまのご参加をお待ちしています。

なお、お申込みの前に「JaSST イベント行動規範」をご一読ください。
ご理解とご協力をいただきますよう、お願いいたします。

JaSSTプレミアムスポンサー協賛企業

AGEST SHIFT テクバン ベリサーブ RIZAPグループ

JaSST'24 Tokyo プラチナスポンサー協賛企業

Autify ハートランド・データ ヒューマンクレスト mabl

JaSST'24 Tokyo ゴールドスポンサー協賛企業

サイボウズ JSTQB Timee 10X LayerX

JaSST'24 Tokyo シルバースポンサー協賛企業

アジャイルウェア mixi

JaSST'24 Tokyo ブロンズスポンサー協賛企業

スポンサーシップ募集中! NPO ASTER Software Testing

PAGE TOP